悪い歯並びの専門的見解-リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

悪い歯並びの専門的見解

歯並びが悪いといっても医学的にに様々なタイプがあります。歯並びの問題の種類によって、矯正歯科、審美歯科もそれぞれに対策を講じて治療を行います。歯並びに問題があると自覚する人は、果たして自分がどのタイプに当てはまるのか?を知ったうえで、歯医者や審美歯科に行き治療すると安心して治療が受けられると思います。以下に様々な悪い歯並びのパターンを専門的・医学的に列挙します。

悪い歯並びの解説

叢生(そうせい)

いわゆる「生え方が食い違っている」タイプです。
歯並びがガタガタしている感じです。これはあごの骨と歯の大きさのバランスが悪いことによって生じることが多く、一般的には小さなあごと大きな歯の組み合わせによって引き起こされます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

前歯が下の歯を隠してしまうケースです。奥歯で噛むと、前歯が深く噛みこんで下の歯が見えなくなるくらいの状態のことを示します。
これはこれを何もせずに放っておくと、やがて下の前歯が上の前歯の裏側の歯肉に食い込むようになり、歯肉を傷つけるだけでなく、上の前歯が押されてしまい、出っ歯にあることも多々あります。早めに病院にいくことをおすすめします。

開咬(かいこう)

いわゆる奥歯をかみ合わせたとしても、前歯とかみ合わない状態を示します。
このような状態では、前歯で食べ物がかみ切れない、「さしすせそ」の発音がキレイにできないといった問題が起きます。
原因として挙げられるのは、指しゃぶりや舌を前に突き出すような癖が挙げられます。

反対咬合(はんたいこうごう)

下あごが前に出ているケースです。
一般的に「受け口」とも呼ばれ、上下の咬み合わせが逆になっています。
反対咬合の中には歯に問題のあるタイプと、顎の骨に問題があるタイプがありますが、顎の骨に問題があるタイプの方が当然治療は難しいです。
特に下顎が伸びるタイミングは身長が伸びる時期と重なっており、これから身長が伸びる時期を迎える子供は年齢と共に反対咬合が悪化するケースもありますので、しっかりと治療をすることが重要です。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

いわゆる顎の前歯が出ている出っ歯のことを示します。
「出っ歯」の中には、その名の通り上アゴの前歯が前に飛び出ているタイプと、
下顎が小さくて後ろに下がっていることにより「出っ歯」に見えるタイプがあります。
現実的には下アゴの成長が足りなくて小さいがために「出っ歯」に見えるタイプが多いようです。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

一般的に口元が外に出ているため唇が閉じにくいケースを示します。

正中離開(せいちゅうりかい)

歯の間に隙間が出来ているすきっ歯のことを示します。
日常的に息が抜ける事から、特にサ行やタ行の発音が不鮮明になりやすく、
人から言葉が聞き取りづらいと言われて悩む方もよく見られます。

交叉咬合 (こうさこうごう)

前歯に下の歯が被さるケースを示します。
普通は奥歯をかみ合わせた場合、普通上の歯は外側、下の歯は内側になります。
しかし、交叉咬合ではこれが反対になるため、左右に大きく崩れるところから、顎や顔が曲がったような感じになります。
片側のみずれている場合と、両側がずれている場合などの症状があり、奥歯で物を噛み切れない、歯を食いしばったりすることが困難になります。
幼児期の指しゃぶり、片側のみで物をかむ癖、頬杖をつく癖などが交叉咬合を発生させる原因と言われています。

歯並びが悪くても、医学の進歩は目覚ましいので、上記のような歯並びの問題を抱えていたとしても、現在は医学で対応できることが多くなりました。ですが、「歯並びを変える」つまり「骨格を変える」ということは、すぐに可能なことではないので、それ相当の時間と費用が掛かってきます。まずはできることとして、指しゃぶりの癖、顔を手において肘をつく等、普段から骨格に影響してきそうな癖は止めるようにすることは大事です。あとは信頼できる、クリニックを見つけて相談しましょう。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.