使用する上での注意事項 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

使用する上での注意事項

慣れないリテーナー生活は時に混乱を引き起こします。特に初期段階、つまり1~2週間は違和感が半端ないことでしょう。しかし、せっかく移動した歯が元通りになってしまっては矯正をした意味がありません。そのためにも守るべきことは守り、移動した歯をその場所にキープして、早く卒業できるようにすることが望ましいことです。

リテーナー使用の際の注意事項

自己の判断で外さない

リテーナー利用者に度々見られるのは、自分で「もう固定できたから、問題ないだろう」と思って勝手に外すことです。
歯はパッと見きちん固定できたように見えたとしても、実際は不安定で依然として固定が必要な時もあります。固定式であればこのような不安はありませんが、可動式を利用する際にはぜひ気をつけてください。
矯正結果を無駄にさせないようににも、必ず歯医者さんの指示に従いましょう。

清潔に保つようにする

可動式の場合、脱着したときに丁寧に洗浄して、常にリテーナーを清潔に保つことを目指しましょう。また、固定式の場合は、リテーナーの影響で歯が非常に磨きにくくなります。
丁寧なブラッシングを意識しましょう。

できる限り効果が高いものを使う

歯医者さんとの話し合いで決めることではありますが、歯を固定する力が強力なのは、固定式>可動式(プレート)>可動式(マウスピース)の順です。
マウスピースタイプは一番目立ちにくいという利点がありますが、後戻り防止を優先に考えるのであれば固定式が断然お薦めです。

リテーナーを固定式にするのか、可動式(プレート)にするのか、可動式(マウスピース)にするのか、どれを選ぶのかによって、対応はそれぞれではありますが変わってきます。しかし一番大事なことは、クリニックの先生の言うことをちゃんと聞き、リテーナーを常に装着し、清潔に保つということが基本になります。この2つを守っていれば、ほぼ快適なリテーナー生活を送ることができると言い切って問題はないでしょう。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.