リテーナーの洗浄方法|お口の臭い・汚れを洗浄 Retainer clean VIVA

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーの洗浄方法

リテーナーライフを送っている方で意外に多いお悩みが「ちゃんとした洗浄方法がわからない」というものです。「ぬるま湯につけて歯ブラシで磨く」「入れ歯洗浄剤につける」とかなんだかんだ自己流で行われているケースがまだまだ後を絶ちません。しかし、リテーナーの汚れを取ることもそうですし、リテーナーの強度の問題からも、自己流の洗浄方法はやめるべきであると考えます。

種類別リテーナーの洗浄方法

マウスピース型

透明のマウスピースのタイプです。基本的には一日一回以上取り外して洗います。
洗い方は、専用のリテーナー洗浄剤に浸けた後、歯ブラシ等で軽く洗う、水でゆすぐのがベストです。マウスピースは約2週間くらいで新しいものに更新されていくので、そんなに管理&洗浄にナーバスになったりする必要はないと思いますが、不潔にすると、虫歯や口臭の問題が出てきますので注意してください。

ブラケットタイプ

正確にいうと、リテーナーではなくブラケット(マルチブラケット)と言いますが、歯の表面にワイヤーで覆う様なタイプのものです。これは歯医者さんによって洗浄方法が違いますので、かかりつけの歯科医に聞いてみてください。

洗浄の際に気を付けること

きつく磨かない

矯正装置やリテーナーを力を入れて磨くことで、器具の破損に結び付くことが多々あります。きれいな状態にしておくために、ハードに磨きたい気持ちはわかりますが、目で確認できないような細かいキズがつくことによって、殺菌が繁殖しやすくなります。優しく丁寧に汚れを取ることを心がけましょう。

洗浄剤に長時間入れない。完全に洗い流す

リテーナーを専用の洗浄液に長い時間つけすぎることの無いようにしましょう。洗浄剤に付記されているマニュアルを見て、浸けおき時間を守ってください。万が一浸けおき時間が長くなりすぎると、リテーナーで使用している金属が変色する場合があります。
また洗浄剤に浸けたら完全に洗浄剤を水で洗い流すようにしてください。人によりますが、かぶれや炎症を起こす要因になります。

洗い方と言っても、自己流で洗剤に浸けるとかは論外として、最終的にはリテーナー専用の洗浄剤を使用するということと、浸け過ぎに注意、洗い残しに注意くらいではありますが、日々使う物だけに、おろそかにせず、ちゃんとマニュアルを守って洗浄することが安心できるリテーナーライフを送る上で大事なことです。口腔内の衛生状態は身体の健康を維持するために非常に大事という医師もいます。ぜひおろそかにならず、適切な洗浄を行ってください。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.