洗浄方法 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正にリテーナーは不可欠
  • リテーナーの洗浄方法
  • リテーナーのメンテナンスの重要性
  • リテーナーの仕組みと使用方法
  • リテーナーの目的
  • リテーナーの種類
  • リテーナーの注意点
  • 矯正中の食事について
  • リテーナー期間中のトラブル
  • 歯並びがいい悪いって何?
  • 歯並びが悪いと虫歯になる
  • 悪い歯並びが起こる原因
  • 歯列矯正と審美歯科とは?
  • 歯列矯正器具とは?(マルチブラケット)
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーの洗浄方法

リテーナーを使っている方でよく聞くお悩みが「洗浄方法がわからない」というものです。意外と自己流で
やっている方も多いのではないでしょうか?
しかし、リテーナーの汚れをしっかりと取りきらないと口臭の原因や虫歯に繋がる可能性もありますので注意が必要です。ここでは矯正装置やリテーナーの基本的な洗浄方法に関してご説明します。

取り外しができない矯正装置の洗浄方法とは?

ワイヤー矯正(表側矯正)

歯の表面に装置がくっついているワイヤー矯正は、自身で取り外すことが出来ません。よって、日頃のケアに気を遣うことが必要になります。
歯磨きの方法や使用するグッズは歯医者さんによって異なりますが、通常の歯ブラシの他、矯正専用のブラシ、ヘッドが小さく、小回りが出来るワンタフトブラシを使用します。
また、矯正用に作られ、磨きやすい形になっているデンタルフロス(糸ようじ)や、歯磨き後のフッ素ジェル塗布などを勧めている歯医者さんもあります。
その他、電動歯ブラシや音波歯ブラシを推奨している歯医者さんもいます。

裏側矯正

裏側矯正はワイヤー矯正と同様に、装置の取り外しができないことに加えて、ワイヤー矯正よりもさらに磨きにくいという特性があります。これはパッと見目立たないように、歯の裏側に装着しているからです。
当然、目立たないという意味では大きなメリットにあたるのですが、衛生面では磨きづらいというデメリットもあるのです。
通常の歯ブラシだと磨けない場所がでてきますので、ワンタフトブラシという毛先がコンパクトにまとまった歯ブラシを用いたり、専用の歯ブラシや、専用のデンタルフロスを利用してブラッシングします。
歯磨きの方法や使用するアイテムは歯医者さんによってオススメがありますので、普段通っている歯医者さんに聞いてみると良いでしょう。また、矯正期間は歯磨きしづらい環境にあるので、虫歯や歯周病などに効果がある殺菌作用のあるような市販のうがい薬を勧める歯医者さんもいます。

リテーナー(固定タイプ)

リテーナーとは、矯正後の歯の後戻りを防ぐための装置です。
装着期間は個人差がありますが、おおよそ1年~3年が目安となります。一般的な矯正期間と同等の期間装着する必要があると言われています。
当たり前ですが、口の中に入れるのでリテーナーも洗浄は欠かせません。
リテーナーにも色々な種類があるのでタイプによって洗浄や手入れ方法が異なってきます。

フィックスタイプのリテーナー

このタイプは歯の裏側からワイヤーで固定するため、取り外しは出来ないタイプです。定式は歯の裏側に装着されているので、より磨きづらいのが特徴です。さらに、接着剤が歯と歯肉スレスレまで付けられているので入念に時間をかけて磨かないと虫歯や歯周病になる可能性は高いです。
歯医者さんによってブラッシング方法は異なりますが、専用のブラシやワンタフトブラシを使って歯磨きを徹底的に行ってください。
また、周期的に歯医者さんで歯のお手入れをしてもらい、歯と歯肉の間に歯石や磨き残しが付かないように気を遣う必要があります。

取り外し可能な矯正装置の洗浄方法とは?

マウスピース

透明のマウスピースを利用して歯を移動させていく矯正法のことをマウスピース矯正と呼びます。
基本的には1日1回取り外して洗浄することが決まっています。
歯医者さんによって洗浄の指導内容は異なります。。例えばお水やぬるま湯で洗い流したら構わないという医師や、普段から使う歯ブラシや歯磨き粉を使ってブラッシングする、専用の洗浄剤や市販されている入れ歯洗浄剤などを用いて洗うのを推奨しているところもあるのです。
マウスピースは約2週間ごとに新しい物へ取り換えて歯を移動させていくので、長年にわたり使うような器具ではありません。
なので神経質になる必要はありませんが、洗浄を怠ったり不潔にしている、いつのまにか虫歯や口臭に悩むようになる可能性はあります。普段通っている歯医者さんに洗浄方法を聞いてみて下さい。

リテーナー(取り外し式)

矯正の治療後、歯列の後戻りを抑止するために付けるリテーナーですが、取り外しができる種類のものもあります。取り外し可能な分、上に記述したような固定式より歯磨きがしやすい為口内を清潔に保つことができるため、虫歯や歯周病になりにくいメリットがあります。

リテーナー(ベックタイプ・ホーレータイプ)

歯の表面にワイヤーが覆うような形で被さるため、視覚的に目立って見えます。
お手入れ方法は歯医者さんによって指導が違いますので、ぜひ歯医者さんに聞いてみて下さい。

クリアリテーナー(マウスピースタイプ)

リテーナーにもマウスピースタイプがあります。透明な樹脂やラバーなどの素材で開発されていて、視覚的に目立ちづらいだけでなく、自分で脱着可能なため歯磨きが行いやすいというメリットがあります。
クリアリテーナーの場合も、基本的にはマウスピース矯正と同様に1日1回取り外して洗浄します。
こちらも、手入れ方法は歯医者さんによって異なりますので、洗浄方法に関しては事前に確認しておくことが必要です。

洗浄のときに気を付けること

きつく磨かない

矯正装置やリテーナーを力いっぱい磨くことで、器具の破損に結び付くこともあります。清潔にしておくために、強めに磨きたくなる気持ちは理解できますが、
目視できない微細な傷が付くことで、そこから雑菌が繁殖し易くなっていくのです。基本的に優しく丁寧に汚れを取って下さい。

洗浄剤は完全に洗い流す

洗浄剤にマウスピースやリテーナーを浸け置きした時は、完全に洗浄剤を洗い流すようにして下さい。
簡単に流しただけでは、洗浄剤は残ります。
人によっては、それにかぶれを起こしたり炎症を引き起こしたりすることもあります。洗浄剤には殺菌力があるので、必ずしっかり洗うことを意識しましょう。

洗浄剤に長時間入れない

リテーナーや入れ歯用の洗浄液に長時間つけることはせず、浸け置き時間はしっかりと守ることが大事です。時間をおおきく延ばしたり、短くしたりしないようにしましょう。もし浸け置き時間が長くなりすぎてしまうと、リテーナーの金属部分が変色する可能性があります。。
リテーナーも種類によってコストに差がありますが、決して安いものではないので気を付けて取り扱っていただきたいと思います。

矯正装置やリテーナーの手入れ方法を間違うと、器具の破損や変色に繋がったりするので注意が必要です。とりわけ、取り外しができない矯正装置やリテーナーには汚れが残りやすく、歯ブラシでのブラッシングも届きづらいため、非常に虫歯や歯周病になりやすい環境を生み出します。
労力をかけて歯並びをきれいにしようと矯正をしたとしても、ブラッシングの大切さを知らないと健康な歯を失うこともあります。
矯正装置やリテーナーの洗浄方法は素材によっても推奨方法が違いますので、是非通っている歯医者さんに確認をすることをお薦めします。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.