歯列補正器具にかかる大よその費用と治療の傾向/リテーナーの臭い汚れの洗浄剤ならRCビバ

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向

果たしてリテーナーにかかる費用っていったいお幾らなんでしょうか?
歯列矯正に詳しい人ってそんなに周りにいないと思いますが、歯列矯正に興味のあるあなたなら大体の金額や目安は知っておきたいものですよね。
ここではリテーナーの大よその費用と治療の傾向をご説明します。

大よその費用と治療の方向性

リテーナーにかかる費用は大体どこでも3~5万円くらいと言われています。

もちろんクリニックによって金額の差が大きいため、事前に必ず確認しておきましょう。

料金は正直に言いますと目立つ固定式タイプの方が安い金額で、目立ちにくい可動式タイプの方が割高になっています。

目立つ種類のほうが歯を固定する効果は高いため、自身が重要視しているのが「歯の固定」なのか「外見の見た目」なのかでどれを選択するかは変わってくるでしょう。矯正歯科の治療は先天的なものが原因でない限りは、実際のところは全額自己負担なのでしっかりと確認しながらご検討ください。

条件次第で、「1年目の歯が安定しない時期は固定式、2年目は落ち着いてきたから可動式」みたいに使い分けをしてもよいでしょう。
ちなみに、リテーナーの費用が歯列矯正の料金に含まれている歯科医院もありますので、この点に関してもしっかりと事前の確認を忘れてはいけません。

歯列矯正をする人の一番の目的が「歯の固定」なのか「外見の見た目」かによって値段は変わってくるので、歯列矯正の全体的な値段は言い切れませんが、リテーナーは大体どこでも同じですので、金額に驚くことなくリテーナーライフを送れると思います。
いずれにせよ、歯列矯正は技術と経験がものをいうので、口コミ等も参考にしながら、値段も手ごろで安心して通えるところを探すことが、最もコストパフォーマンスがいいと言えると思います。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.