メンテナンスの重要性 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正にリテーナーは不可欠
  • リテーナーの洗浄方法
  • リテーナーのメンテナンスの重要性
  • リテーナーの仕組みと使用方法
  • リテーナーの目的
  • リテーナーの種類
  • リテーナーの注意点
  • 矯正中の食事について
  • リテーナー期間中のトラブル
  • 歯並びがいい悪いって何?
  • 歯並びが悪いと虫歯になる
  • 悪い歯並びが起こる原因
  • 歯列矯正と審美歯科とは?
  • 歯列矯正器具とは?(マルチブラケット)
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーのメンテナンスの重要性

矯正治療は、大まかに分けて2つの期間に分けられます。1つは、矯正装置を装着して歯列を改善する期間。もうひとつは、矯正装置を取り外した後、後戻りを防ぐため、リテーナーを使って保定を行う期間です。ここではリテーナーとは一体どんな装置なのかをご説明した上で、実際の使用期間や扱い方を詳しくお伝えします。

リテーナーってどういった装置?

矯正に絶対になくてはならないリテーナー。
リテーナーとは、矯正装置を外した後で、歯列が元に戻らないようにするための装置で、
樹脂製のマウスピースやワイヤーを使ったものが代表的なものです。
矯正装置が外れたら治療が完結するものではなく、改善された歯並びをしっかりとキープする保定も、矯正ではどうしても必要な治療過程の1つというわけです。

リテーナーの種類

リテーナーと一言で言っても、樹脂製で透明なマウスピースもあれば、樹脂とワイヤーを組み合わせたもの、ワイヤーだけのタイプなど様々あります。
お互い、矯正装置によって改善された歯列に沿わせるように装着することで、後戻りの発生を抑制します。一般的なリテーナーは自分で脱着出来るものが多いですが、ワイヤーを接着剤で歯に固定する種類も存在します。

痛みや話しづらさについて

リテーナーは矯正後の歯列をキープすることが目的なので、装着中の痛みは殆どありません。
もし、痛みを感じるようであれば、装置をコントロールする必要があります。
また、装置に不慣れな間は、話しづらく感じるものですが、約1週間程度で慣れてくるものです。

痛みや話しづらさについて

リテーナーをなぜ装着するのか、その理由を知る前に、矯正によって歯が移動する仕組みをまずは把握しましょう。なぜ歯が移動出来るかと言うと、歯の周辺にある組織の代謝によるものが大きいです。
実は歯を支えるための「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれるものが歯茎内にあり、この歯槽骨と歯根の間に「歯根膜(しこんまく)」という膜状の組織があります。
このように、歯槽骨が変形することによって歯は移動を行っていきます。

骨が落ち着くまで歯列を保持する

歯列が整備され、矯正装置を外した後も、依然として歯槽骨がきちんと再形成されていない状態です。
骨が安定していないなので、歯列が崩れやすく、非常に後戻りしやすい状況となっています。
整った歯列にリテーナー合うようにガイドして、骨が安定するまで、歯列が崩れないようにしてしまうわけです。

しっかり噛み合わさるようにする

リテーナーを装着すると歯列の維持は可能ですが、矯正装置と異なるのは、歯の位置を固定する力は弱いということです。
リテーナーには程よい緩みがありますので、歯列を保ちつつ、きちんと歯が噛み合わさるようにします。

矯正装置を付ける期間を短縮

骨が安定化するまで、ずっと矯正装置をつけていれば良いのではないかと考える方もいることでしょう。
しかし、歯に長々と固定する矯正装置には、口内環境が損なわれる危険もあります。歯列が整ったあとは保定装置に切り替えたほうが、矯正装置を付ける期間も短縮でき、虫歯などのリスクをはじめ、装着の煩わしさもなくなっていきます。

リテーナーの使用期間や扱い方法は?

約1年は24時間装着

矯正装置を取り外した後は、歯が移動しやすく、後戻りをおこしやすいです。とりわけ、最初の1年から1年半程度は、1日24時間、ずっとリテーナーを装着することになります。歯が落ち着いてきたら、就寝時のみの使用にするなど、だんだんと利用時間を減らしていきます。

自分で脱着可能

固定式のリテーナー以外は、自分で付け外し可能です。マウスピースタイプは、そのデザインに合わせて、歯にはめ込みます。
樹脂製のプレートとワイヤーを組み合わせたリテーナーは、ワイヤーを歯の決められた位置に合わせた後、樹脂の箇所を顎にくっ付けるようにして、手を使って押し込みます。食事やブラッシングの際には、自分で脱着できます。

専用クリーナーで汚れを落とす

リテーナーの洗浄と除菌、脱臭の為に専用の洗浄剤を使用してください。注意点としては、この液に長時間リテーナーを浸しておくと、ワイヤー同士の金属を溶かして連結している金属の部分が溶けだして、ワイヤーが外れてしまうといったケースがあります。洗浄剤を使う場合はは30分以内を目安にご使用下さい。

リテーナーを活用する際に守るべきこと

装着している時間を守ること

最初の1年程度は、食事とブラッシング時を除く、1日24時間、リテーナーを装着することが必要です。
リテーナーを付け忘れたりすると、せっかく矯正した歯が移動してしまったり、後戻りしてしまうと、再矯正が必要となるケースがあります。
保定期間も大事な治療期間の一部と考え、装着時間を厳守しましょう。

使用中の飲食は禁止

接着剤で固定するタイプのリテーナー以外は、装着時に飲食しないのが基本的な法則です。
また、ジュースなどは虫歯になる原因にも繋がってしまうので、飲み物においても、リテーナーを取り外してか関しては飲み、口を洗浄してから装着することに注意しましょう。

壊れやすいので取り扱いは注意を

取り外したリテーナーは壊れやすいため、取り扱いに関しては丁寧に行って下さい。特に、ワイヤーがゆがんだり、樹脂部分やワイヤーと樹脂との接合部分などが比較的欠損しやすいです。取り外して持ち歩きする際には、専用ケースに入れて、大事に保管しましょう。

破損した場合は直ちに修理を

リテーナーが装着できないほど、破損してしまった場合はもちろんですが、樹脂部分の小さな亀裂やワイヤーの小さな歪みなどがある場合でも、すぐさま修理に出した方が良いでしょう。仮に放っておいても装着できるからといって何もせず放っておくと、リテーナーの機能を果たさないかも知れません。

痛みを伴う場合は再調整を

リテーナーは原則的には、痛みがほとんど発生しないものです。どこかに痛みを自覚したりする場合には、
強引に装着し続けず、歯医者さんでリテーナーの再調整をしてもらうのが安心できると思います。

歯並びがきれいになり、矯正装置をやっと取り外すことができたら、安心することでしょう。
ですが、その後のリテーナーを使った保定も、重要な矯正治療の1つであることを忘れないようにしておきましょう。特にリテーナーは自ら付け外しが出来ますので、付け忘れや、何となく付けなかったりすることもあるかと思います。
装置を取り外した直後は歯が動きやすく、歯列の後戻りが発生するリスクが高いものと認識し、
装着の時間や取り扱いの注意事項を守り、矯正の仕上げを終わりまできちっと継続しましょう。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.