装着期間と扱い方 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

装着期間と扱い方

装着期間は当然個人差はありますが、早くても1年、長い人では3~4年くらいはかかります。矯正にかかった時間だけリテーナーを使用する時間もかかると理解しておいてほぼ間違いはないでしょう。
ご承知の通り、歯列矯正した歯は動きやすいので、美しい歯並びを保てるまではリテーナーを使うことが重要です。きれいな歯並びを保てるとは、歯列を助ける骨やあごなのの周辺の組織が新しい歯並びに慣れて、支えられるということです。

リテーナーの使用期間と扱い方

最初の一年ほどはほぼ24時間使用

歯列矯正後、そして矯正器具を外した後は、歯がとても動きやすく、元の形に後戻りしてしまいます。ですので、特に最初の1年~1年半は日々24時間、通しでリテーナーをつけることになります。初期は特に歯科医師の指示した装着時間を守ることが、早くきれいな歯になるために大事です。矯正した歯が安定してきたら、寝るときだけ使用する等、徐々に使用する時間を減らしていきます。

自身で取り外しができる

例外的に固定式のリテーナー以外は、自分で取り外しが可能です。マウスピース型のものは、その形状に合わせて自身の歯にはめ込みます。樹脂製のリテーナーは、ワイヤーを歯の位置にしっかりと合わせたあとで、樹脂の部分を自分のあごにつけるようにして、グイっと手で押し込みます。食事の際や、歯を磨く際には自身で取り外しが可能です。

リテーナー専用のクリーナーで洗浄

リテーナー専用の洗浄剤を使わず、入れ歯洗浄剤などでリテーナーを洗う人がたまにいるとのことですが、素材の特性上、入れ歯とリテーナーは全然違うので、止めておくことが得策です。専用のクリーナー液に浸けて、洗浄&除菌を行いますが、やりすぎると樹脂とワイヤーの接合部分が弱くなってしまうケースもあるので、浸けすぎに注意が必要です。クリーナーの用途をよく見て使用してください。クリーナーには当然リテーナークリーンVIVAをオススメします!

使用中は飲食禁止

基本的にリテーナー使用中は飲食は厳禁です。樹脂とワイヤーを組み合わせたリテーナーは、樹脂が割れる原因ともなります。また甘いドリンクなどはそもそも虫歯の原因にもなるので、飲み物でも取り外して飲むことをおすすめします。

破損に注意

樹脂とワイヤーでできているリテーナーは非常に壊れやすいです。そのため取扱いは非常に慎重にする必要があります。特に、樹皮部分とワイヤーとの結合部分は壊れやすいですし、ワイヤー自体が曲がってしまうこともあります。持ち歩く場合は、専用ケースに入れて持ち運ぶのがよいでしょう。また破損したら、いち早く修理するようにしてください。破損したままリテーナーを使用すると、気づかないうちに本来目指すべき歯列とは違う形で歯を保定してしまう可能性があります。痛みが出る原因にもなります。

最初慣れるまでは口に違和感はあるわ、大変なこと、辛いことが多いようなイメージがあるリテーナーライフですが、慣れてきてルーティン化してくると、そこまで大変とも思わなくなってきます。ただ、些細なことで破損したり、少々の破損ならいいかと使用し続けたりして、思い通りの歯列にならない原因をつくることが稀にあるので、横着せず、医師の指示を守って日々ちゃんと装着することが大事です。また、リテーナーをつけて痛みがある場合は、すぐにかかりつけの矯正歯科に行って微調整をしてもらってください。
装置を取り外した直後は歯が動きやすく、歯列の後戻りが発生するリスクが高いものと認識し、
装着の時間や取り扱いの注意事項を守り、矯正の仕上げを終わりまできちっと継続しましょう。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.