口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響

朝起きると、喉がカラカラ。自分は鼻炎持ち。自分自身はあまり臭いが分からないが、口臭が気になる、、、。口呼吸の人によくある「口呼吸あるある」です。口呼吸は身体の中に細菌やウィルスを入れてしまうということだけでなく、成長過程における歯並びや噛み合わせにも大きく関与しています。歯並びや噛み合わせが気になる方は、まず口呼吸をしていないかを確認することが大事です。

色々な場面で使える矯正装置 ―マルチブラケット装置―

まず、口を閉じているときの舌は、通常上あごにピタっとくっついており、歯を下から支えていますが、口呼吸で口を開いた状態が長いと、口の中で空気の道を作ろうとして、舌を知らないうちに下げてしまいます。そのため、前歯を押すような形になってしまって、前歯がでてしまう、つまり「出っ歯」の原因となってしまいます。出っ歯以外にも、舌の位置がおかしいと歯並びやあごの骨格にまで影響が出て、上下の歯がうまく閉まらなかったり、奥歯がかみ合わないという問題が起きたりします。
次に「虫歯になりやすくなる」ということも忘れてはいけません。口呼吸は鼻で呼吸ができず口内に細菌やウィルスを通すので、どうしても雑菌が繁殖してしまいます。また口を開けたあままの状態が長いと、口内が乾燥してしまい、殺菌作用のある唾液が少なくなるので、結果虫歯になりやすいことにつながります。また併せて風邪をひきやすかったり、扁桃腺が腫れたりして熱が出やすいです。特に空気に直に触れる前歯は虫歯になる可能性が高いです。歯周病になるリスクも高まります。
最後に「口臭」です。鼻で呼吸ができず、口呼吸になると唾液が少なく、そのため口内に細菌が増え、それが口臭となります。また口臭は自分自身では非常にわかりづらく、知らない間に相手に嫌なイメージを与えてしまいますから、とても注意が必要です。

口呼吸をやめるには?

口呼吸をやめるには、そう簡単にいくものではありません。無意識に自身の中で習慣化されているので、変えるには相当のエネルギーを必要とするでしょう。
直す手順としては、まず「鼻づまり」がある場合、耳鼻科に相談することをおすすめします。
口呼吸を直す前に、その原因である「鼻づまり」をある程度は治さないと長続きはできないと思います。
その次に、無意識に続く口呼吸を直すための一つのツールとして、自分専用のマウスピースを使用して、口周りの筋肉や舌の筋肉を鍛えるトレーニングを受けるという方法があります。歯並びの改善も含みますが、非常に効果があると言われています。最近の歯科医院や矯正歯科の多くで対応していますので、お近くのクリニックに相談してみてください。

「たかが口呼吸」と侮るなかれ!。口呼吸は様々な疾病を引き起こす要因を含んでいます。

様々な疾病が本格化する前に、口呼吸を少しづつ改善して、自分なりの健康を取り戻すことは長い人生の中でかなり大事なことだと思います。改善の一手を行い、常日頃から鼻呼吸を意識して、口呼吸にならないように気を付けるとともに、正しい呼吸ができるように気をつけたいものです。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.