歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!? - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?

「とっても長かった、、、やっとの思いで続けてきた歯列矯正も終わりが近づいてきたな!と思ったら、全く別の新たな歯列矯正器具をつけることになって、心が折れそう、、、」という話がよくあるリテーナーライフ。リテーナーを装着している期間が長期に渡ると、一刻も早くこのストレスから抜け出したいと思う気持ちは、やったことのある人なら全ての人がわかるでしょう。そんなストレスが掛かり気味のリテーナーライフではありますが、歯列矯正後にしっかりとしたリテーナーライフを送れるかどうかが、未来の自身の美しい歯並びに結び付きます。以下において、リテーナーをつけないといけない理由を具体的にご説明します。

リテーナーをつけないといけない理由

矯正した骨が安定化するまで歯列をキープするため

歯の並び、つまり歯列がキレイになり、矯正器具を外した後でも実際歯は「歯槽骨」がちゃんと形成されていません。そのため骨自体が不安定となり、歯の並びが元に戻ったり、おかしくなったりします。矯正した歯列にピッタリよりそうように、リテーナーを装着して、骨自体が安定するまで崩れないようにする必要性があるのです。

治す期間を短縮するため

そもそもリテーナーを使用しない場合、歯列矯正にかかる治療期間は、使用する場合と比べて大よそ倍以上になると言われています。リテーナーは矯正した後、歯列が後戻りしないようにするための器具であり、これを利用しない場合は"ブラケット"が必要となります。ただブラケットは時間や費用が積み重なるだけではなく、その形上、虫歯の発生を引き起こす危険性が高いということと、使用している際の見た目がよろしくないと言われているので、視覚的な点からも時期が来たら早めにリテーナーを使用することがよろしいかと思います。

見た目だけでなく、噛み合わせの微調整もできる

リテーナーは様々な他の歯列矯正器具よりもとても細かく歯を動かすことができるため、噛み合わせをよくする役割もあります。ですので、例えば目標としていた歯形に矯正がうまくいったとしても、従来の噛み合わせで歯の上の部分が削れてしまって、うまい具合に噛み合わせが出来なくなった場合でもリテーナーを用いて改めて調整をすることが可能です。噛み合わせもしっかりと調整することで、よりよく食べ物を噛むことができる歯にすることが可能です。

確かに辛いリテーナーライフではありますが、歯列矯正をしたい人、噛み合わせをよくしたい人にとって、その効能は絶大です。
まさに「千里の道も一歩から」です。早めに抜け出す方法は無いのですから、ならばいかにこのリテーナーライフをできる限り快適なものにするのか?は、非常に大事なことだと思います。その点でリテーナーの洗浄方法にこだわり、常にリテーナーを清潔な状態にしておくことは影響してくると思います。リテーナークリーンで洗浄にこだわれば、あなたのリテーナーライフも間違いなく少しは快適になること請け合いです!


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.