目的 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正にリテーナーは不可欠
  • リテーナーの洗浄方法
  • リテーナーのメンテナンスの重要性
  • リテーナーの仕組みと使用方法
  • リテーナーの目的
  • リテーナーの種類
  • リテーナーの注意点
  • 矯正中の食事について
  • リテーナー期間中のトラブル
  • 歯並びがいい悪いって何?
  • 歯並びが悪いと虫歯になる
  • 悪い歯並びが起こる原因
  • 歯列矯正と審美歯科とは?
  • 歯列矯正器具とは?(マルチブラケット)
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーの目的

矯正後にリテーナー(保定装置)をなぜ装着しなければならないのか。意外とこの疑問を持つ方が多いと思います。なぜ装着するのかという理由をご自身でしっかりと納得することで、リテーナーの大切さを実感して頂けると思います。決して短い付き合いではないリテーナーとの生活を快適にしていくために、ぜひリテーナーを装着する目的を学んでいただければと思います。

リテーナーの概要

リテーナーとは、端的にいうと矯正治療で歯の移動が完了した後、歯がそれ以上動かないように固定するための装置です。
リテーナーは矯正装置と違って歯を強制的に移動させるのではなく、歯を固定化することが目的の装置なので、取り付けに対しての痛みはありません。矯正した直後の歯はまだしっかりと固定されておらず非常に不安定です。
仮にそのままにしておくと、あっという間に矯正前の歯並びに逆戻りしてしまうでしょう。
従って、歯列矯正とリテーナーは切っても切り離せない関係というわけです。
よほど小さな歯列矯正でない限り、治療後はほぼ100%リテーナーを取り付けると思います。

リテーナーの種類

ベックタイプリテーナー(可撒式)

脱着可能で、一般的なリテーナー・保定装置になります。

歯の表面に沿ったワイヤーと、裏面の透明なプラスチックのプレートから形成されています。

ホーレータイプリテーナー(可撒式)

ベックタイプリテーナー・保定装置と同じ様に、歯の表面をワイヤーと裏面のプラスチックのプレートから形成されており、脱着可能なリテーナー・保定装置です。
後戻りを引き起こしやすい前歯を表面からワイヤーで抑えるタイプです。

クリアリテーナー(可撒式)

脱着可能なマウスピースタイプのリテーナー・保定装置です。
素材がアクリル樹脂やラバー系のため、透明で目に付かないのが特徴で、視覚的にも優秀です。

フィックスタイプリテーナー(固定式)

脱着ができない固定式のリテーナー・保定装置です。後戻りを防ぐために歯の裏面にワイヤーを接着し固定させます。装置が小さいため目立ちません。
次からは、リテーナーの使用期間と注意事項に関して確認していきます。

少なくとも最低使用期間は歯列矯正と同様

リテーナーの使用期間には各個人の状況で、異なりますが、一般的には約1~3年と言われています。
使用期間を大きく左右するのは「患者さんの歯列矯正にどの程度時間を消費したか?」という点で、
仮に1年で歯列矯正を完了した人はリテーナーを使用するのもおおよそ1年ぐらいになる、といったイメージです。
使用期間中は基本的に24時間リテーナーを装着しておく必要があるでしょう。
ただし、上記はあくまで「最低の使用期間」であり、3年たったからといってリテーナーを外して良いということを意味しているのではありません。
なぜならば、皆さんの歯には日々の生活の中で次から次へとなんらかの負担が掛かっており、リテーナーを外すとどうしても歯が動いてしまいます。
その為、もし「歯列矯正が終わった後も、生涯キレイな歯並びを保ちたい!」ということであれば、
最低試用期間が終わった後でも、就寝中だけでもリテーナーをつけることを意識しましょう。

リテーナーを使う際の注意事項

リテーナーを使う際は、以下の3つを心掛けてください。

自己の判断で外さない

リテーナーを装着している人に往々にしてあるのは、「もう固定できたから、大丈夫だ」と勝手に思い込んでリテーナーを外すことです。
パッと見しっかりと固定出来たように見えたとしても、実際は、全く安定しておらず、依然として固定が必要なケースがあります。
固定式であればこのような心配は必要ありませんが、可動式を活用する場合はお気を付けください。
矯正がうまくいった結果を無駄にしないためにも、必ず医師の指示に従って下さい。

清潔に保つ

可動式については、取り外したときにきちんと洗浄してリテーナーを綺麗に保つようにしましょう。
一方、固定式の場合は普通の歯に比べ非常に磨きづらくなります。きめ細かいブラッシングを心掛けましょう。

できる限り効果が高いものを使う

歯を固定する力が強いのは、固定式>可動式(プレート)>可動式(マウスピース)の順番です。
マウスピースタイプは一番目に付きにくいものの、後戻り防止を重要視するのであれば固定式がお薦めです。

リテーナーにかかる費用

リテーナーにかかる費用はおおよそ3~5万円が殆どです。
もちろん歯科医院によって金額の差が大きいため、事前に必ず確認しておきましょう。
料金は正直に言いますと目立つ固定式タイプの方が安い金額で、目立ちにくい可動式タイプの方が割高になっています。
目立つ種類のほうが歯を固定する効果は高いため、自身が重要視しているのが「歯の固定」なのか「外見の見た目」なのかでどれを選択するかは変わってくるでしょう。矯正歯科の治療は先天的なものが原因でない限りは、実際のところは全額自己負担なのでしっかりと確認しながらご検討ください。

条件次第で、「1年目の歯が安定しない時期は固定式、2年目は落ち着いてきたから可動式」みたいに使い分けをしてもよいでしょう。
ちなみに、リテーナーの費用が歯列矯正の料金に含まれている歯科医院もありますので、この点に関してもしっかりと事前の確認を忘れてはいけません。
それ以外に、歯列矯正の中には歯並びを美しくしたい部分に的を絞って削ってセラミックをかぶせる「セラミック矯正」という名の方法もあります。
この手法であればリテーナーを行う必要すらないので、ちょっとした歯列矯正であればこうした方法を検討するのもオススメです。

リテーナーは歯列矯正後のサポートに欠かせない装置

リテーナーとは、矯正で移動させた不安定な歯を固定化させるための装置です。
リテーナーをやっていないと、やっとキレイになった歯並びも時間の経過とともに後戻りしてしまうので、
歯列矯正後は、ほぼ全てのケースでリテーナーの装着が絶対必要です。どんなに短くても歯列矯正に要した期間と同様の期間(1~3年)は24時間装着しておく必要があります。また、ずっとキレイな歯並びを維持し続けたければ、目安となる期間が終わった後も、就寝中だけはリテーナーを装着しておくことが重要です。
リテーナーのタイプには「固定式」と「可動式(プレートタイプ、マウスピースタイプ)」があり、それぞれ特徴や費用なども異なります。その為、リテーナー選びは自分の歯列矯正に対する優先順位(例:外見、快適性、歯並びの美しさ)を明白にさせてから行うと間違いないでしょう。

いかがでしたでしょうか?
歯列矯正が完了したからといって、すべてが終わるわけではありません。むしろリテーナーを装着してからが本当のスタートと言っても過言ではありません。仮に歯並びが落ち着いたとしても、自己判断で勝手に外したりせず、必ずご自身が信頼している歯医者さんに相談してみて下さい。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.