期間中のトラブル - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正にリテーナーは不可欠
  • リテーナーの洗浄方法
  • リテーナーのメンテナンスの重要性
  • リテーナーの仕組みと使用方法
  • リテーナーの目的
  • リテーナーの種類
  • リテーナーの注意点
  • 矯正中の食事について
  • リテーナー期間中のトラブル
  • 歯並びがいい悪いって何?
  • 歯並びが悪いと虫歯になる
  • 悪い歯並びが起こる原因
  • 歯列矯正と審美歯科とは?
  • 歯列矯正器具とは?(マルチブラケット)
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナー期間中のトラブル

矯正治療が終わった後からは、「リテーナー(保定装置)」を使用した保定期間がスタートします。
この保定装置を使用した保定期間は、矯正治療で美しく整えた歯並びと噛み合わせが、もとに戻らないようにする場合にとても大切です。
とは言っても、このリテーナーは取り外し式が可能なため、ついついどこかに忘れてしまったり、壊したりする可能性が高いです。
こちらのページでは、保定期間中に引き起こしやすい、よくあるリテーナーのトラブルについてご紹介します。
事前に把握しておくことで、出来る限り気を付けましょう。

リテーナーのトラブル

当たり前の話ですが、リテーナーは毎日装着しましょう。リテーナー装着せず放っておくと、せっかく理想的な歯並びになっても治療前の状態に後戻りして、再度歯列矯正が必要になることもあります。特に脱着可能なリテーナーを使っている方は要注意。毎日、担当の歯医者さんに指示された装着時間を守って装着しましょう。

食事の際に紛失

食事をする際にリテーナーを紛失してしまうトラブルが非常に多いです。紛失理由として多いのが、保管方法が間違っている、保管場所が悪かったりすることが挙げられるので、食事の際のリテーナーの保管場所に関しては十分注意が必要です。
特に多いのが、外食時のトラブルです。食事前に取り外したリテーナーを、紙ナプキンなどに包んで、机の上に置いているためです。その後、食べ終わったお皿と一緒に、紙ナプキンごとスタッフが気づかずに片付けてしまうケースが珍しくありません。
そういう理由で、リテーナーを取り外した際はしっかりと保管ケースに入れる、あるいは、机の上ではなく、バッグやポーチの中に入れておくなどの注意が必要です。

旅行先で紛失

楽しい旅行先でのリテーナーの紛失も、よくあるトラブルの一つですので、十分注意が必要です。
慣れない旅行先では、保管場所がいつもとは異なるため、リテーナーを紛失しやすく、旅行先に置き忘れたりするトラブルが起こりやすいです。
そういう理由から、旅行先では、洗面所や机の上に安易に置かず、外したらすぐに自分のバックに入れるように意識することが大切です。
数日程度の旅行であれば、そもそもリテーナーを旅行に持っていかないという方法もあります。
それだけ、リテーナーの紛失に関しては鋭敏になっているのです。もしこれから旅行に行くという方は、
リテーナーを旅先に置き忘れたりすることがないように注意しましょう。

ペットによる破損

ご自宅でペットを飼っている方は、特に注意が必要です。
なぜかというと、ペットは、飼主の匂いが大好きだからです。そのため、ペットが簡単に届いてしまうような低い場所にリテーナーを保管していると、ペットがリテーナーを噛み壊してしまうケースがあります。
噛んでボロボロになってしまったリテーナーは、二度と使用できる状態ではありません。
ですので、ご自宅でペットを飼っている方のリテーナーの保管場所は、十分注意することが重要です。
それに加えて、リテーナーは、単に保管ケースに入れるだけでは十分とは言えません。
保管ケースは思った以上に容易に開けてしまうことがあるため、ペットが届かないような高い場所に、リテーナーを保管することが必須なのです。

清掃の際の損傷

リテーナーを洗浄する際にも、注意が必要です。
なぜなら清掃方法が間違えていて、装置が壊れてしまうケースが多く見られるためです。
具体的に言えば、お湯による洗浄です。リテーナーの大半は、合成樹脂でできています。なので、仮にぬるま湯であったとしても、少しずつ変形することがあるのです。
そういう理由で、リテーナーを洗浄する際は、水道水を常温で使用することがとても大切なのです。
また、歯磨き剤を使用して磨いたり、入れ歯洗浄剤で洗浄するのもトラブルの原因です。
研磨剤入りの歯磨き剤を使用して洗浄してしまうと、リテーナーに細かい傷が入り、そこで細菌が繁殖する場所になってしまうからです。
また、金属ワイヤーが用いられているタイプのリテーナーの場合、入れ歯洗浄剤が原因となり、鑞着部分が劣化してしまう恐れもあります。
この様に、リテーナーの清掃方法一つとっても、トラブルに繋がる恐れがありますので、十分に注意が必要です。

リテーナーを装着すると痛みのある場合

まずは歯医者さんに行き、できるだけ痛くないようにリテーナーを調整してもらう必要があります。
その上でどうしても痛みが取れない場合には、新しいリテーナーに作り直すことも謙とする必要があります。
また、金属ワイヤーが用いられているタイプのリテーナーの場合、入れ歯洗浄剤が原因となり、鑞着部分が劣化してしまう恐れもあります。
この様に、リテーナーの清掃方法一つとっても、トラブルに繋がる恐れがありますので、十分に注意が必要です。

保定期間は、一般的には2年以上必要と言われており、リテーナーを使用する期間は非常に長いです。
その途中、リテーナーを誤って破損したり、紛失したりしないよう特に注意が必要です。
なぜかと言うと、リテーナーがきちんと使用できないと、費用と時間を掛けて整えた美しい歯並びや噛み合わせを理想的な状態で維持することが困難だからです。
なので、もしリテーナーを紛失したり破損してしまった場合には、なるべく早めに歯医者さんに連絡し指示を仰ぐようにしてください。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.