種類 - リテーナーの臭いを防ぐ洗浄剤のリテーナークリーンVIVA 白元アース株式会社

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正にリテーナーは不可欠
  • リテーナーの洗浄方法
  • リテーナーのメンテナンスの重要性
  • リテーナーの仕組みと使用方法
  • リテーナーの目的
  • リテーナーの種類
  • リテーナーの注意点
  • 矯正中の食事について
  • リテーナー期間中のトラブル
  • 歯並びがいい悪いって何?
  • 歯並びが悪いと虫歯になる
  • 悪い歯並びが起こる原因
  • 歯列矯正と審美歯科とは?
  • 歯列矯正器具とは?(マルチブラケット)
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーの種類

一口にリテーナーと言っても、その種類は豊富にあります。しかし、いざリテーナーを選ぶとなった時、一体どれが自分に合っているのか、それぞれの特徴は何かが分からないと選ぶことが非常に大変だと思います。ここでは主にリテーナーの種類をご説明していき、リテーナーを選ぶ際の参考になればと思います。

リテーナー(保定装置)とは

リテーナーは、ブラケットとワイヤーを用いたマルチブラケットなどの矯正装置によって、歯列状態とかみ合わせの調整後に用いる装置です。
リテーナーの目的は、矯正が完了した後に、治療後の歯が初期の位置に戻ろうとする「後戻り」を防ぐための装置です。
矯正装置により力をかけられた歯の周辺の骨(歯槽骨)が溶け、そこから出来た隙間に新しい骨が何回も出来ることにより歯は移動します
この為、歯の移動が完了した後も、歯の周辺の骨は、ハッキリと詰まっているわけではなく、バランスを失った状態です。また、歯と歯茎を繋げている繊維の形は簡単には変わらないため、もともとあった歯の位置に戻す力を歯に加えています。
よって、装置を取り外した後の歯の周辺の骨と歯茎の繊維は、治療を行う前の位置に動こうとしているので、極めて不安定な状況と言えます。
矯正装置を外した後は、新しい位置に歯を固定化しておくために、リテーナーの装着が必要になります。

リテーナーの使用期間

リテーナーには、脱着できるタイプ(可撤式リテーナー)と、脱着不可なタイプ(固定式リテーナー)があげられます。
矯正治療を完了してから約1年間は、歯が想像以上に後戻りを引き起こしやすい状態なので、脱着ができるリテーナーだとしても、1年間は歯を磨くときを除いては、きちんと装着することが必要です。
リテーナーを付け始めて1年くらいから歯の位置が安定してくるので、定期的な様子を見ながら、少しずつ、リテーナーを取り外している時間を増やしていきます。
始めは食事の時間のみ、その後慣れてきたら3時間、6時間と時間を増やし、そして最終的には就寝時のみ、というように、段階を踏んで外している時間を延ばしていきます。
リテーナーを必要とする期間は、矯正装置をつけていた期間と同じくらいだと言われています。(個人差があります)。
ちなみに、リテーナーを外した後でも、後戻りするケースがあるので、理想的な歯並びを一生守るために、リテーナーを一層長期間装着するケースもあります。

リテーナーの種類

矯正後の歯の位置は矯正前とは明らかに違う位置にありますが、歯は少しずつですが元の位置に戻ろうとします。これを一般的には後戻りと言われています。
この後戻りを防ぐための手段としてリテーナー(保定装置)と呼ばれる装置を利用します。
使用目的は歯を新しい位置で安定させるためです。
リテーナーには様々な種類がありますが、もしリテーナーを選ぶ際には、噛み合わせの状態も含め選択すると良いでしょう。

ベッグタイプリテーナー(可撤式)

全般的に広く使用されているリテーナーです。取り外し可能で、ワイヤーが歯全体の表面を包み、
透明なプラスチック製プレートが歯列の裏面を抑えます。

ホーレータイプリテーナー(可撤式)

ベックタイプリテーナーと同じになりますが、
特に後戻りが起こりやすい前歯だけを表面からワイヤーで抑えているのが特徴です。

クリアリテーナー(可撤式)

リテーナーには、取り外しが出来るマウスピースタイプもあります。
透明で目立たないのが特徴で、主にアクリル樹脂やラバー素材で作られています。

フィックスタイプ (固定式)

取り外しができないタイプです。後戻り防止のため、歯の裏面にワイヤーを通して固定します。
取り外しが出来るリテーナーに比べて、装置が小さく目立ちにくいのが持ち味だと言えます。
取り外し不可のため、歯磨きが行いにくいデメリットはありますが、保定に関しては優秀です。

リテーナーを使用している期間はきれいな歯並びを保つためには極めて重要な時間です。
時間と費用を掛けてやっと治した歯並びを維持できるかどうかは、自らのリテーナーの使い方によって大きく影響を受けてしまいます。
もし歯並びが治療前の状態に戻ってしまえば、新たに歯列矯正を行う必要があります。
矯正歯科での注意を守り、ぜひともきれいな歯並びを継続できるようにリテーナーを使うことを意識しましょう。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.