矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと|お口の臭い・汚れを洗浄 Retainer clean VIVA

リテーナークリーンVIVA オフィシャルサイト
  • リテーナーをキレイに洗おう!
  • 口腔衛生って大事だよ!
  • リテーナー用専用洗浄剤です!
  • 歯列矯正をするのにリテーナーを使用するのは避けられない!?
  • そもそも歯列矯正治療とは?
  • 装着期間と扱い方
  • リテーナーの洗浄方法
  • 使用して痛みがある際の対処法
  • 矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと
  • リテーナーライフにおけるよくあるトラブル
  • リテーナーにかかる大よその費用と治療の傾向
  • 使用する上での注意事項
  • もしも歯の後戻りが起きたなら
  • 矯正中におすすめの食事、避けるべき食材
  • 歯並びの良し悪しとは
  • 悪い歯並びの専門的見解
  • 歯列矯正をすると小顔になる?
  • 口呼吸と歯並び・噛み合わせへの影響
  • 歯並家の人々ご紹介

リテーナーの矯正後、リテーナーを装着の際に覚えておきたいこと

矯正をした後、何もしなければ、歯は元の位置に戻ってしまいます。ですので、矯正後すぐにちゃんと正しくリテーナーを装着するか?は、歯列矯正をして魅力的な歯並びにするために、矯正と同じくらいリテーナーは大事なことであるともいえます。矯正をした後の注意点・心構えについて、以下解説します。

矯正をした後、リテーナーを装着する際の注意点・心構え

装着期間が空くと歯が動いてしまうので注意

リテーナーは矯正で動かした歯に本来の位置を覚えさせるための装置であり、指示に従って装着しないと歯が矯正前の状態に戻ってしまいます。ここでしっかりとリテーナーで保定しないと、結局歯が元の矯正する前の場所に戻ってしまい、元の木阿弥か、再度高額な費用が掛かってしまいます。きれいな歯並びに向けて、矯正後の歯の位置をキープすることは最も大事です。特に初期は常にリテーナーを装着するように心がけましょう。

リテーナー装着中の飲食は可能な限り避ける

基本的に装着している最中には飲食しないことが重要です。
樹脂とワイヤーを組み合わせて作られているリテーナーは、飲食すると主に樹脂の部分が割れてしまう原因になります。また、ジュースなどは虫歯の原因になりますので、どうしても飲む場合は、リテーナーを取り外してから飲んで、その後口をゆすぐことをお忘れなく。

リテーナーの洗浄はハミガキの後で行う

柔らかな歯ブラシで大よその汚れを落とし、その後専用の洗浄剤につけてお手入れしましょう。お手入れをおろそかにすると、細菌が増殖してしまい、虫歯及び歯周病のリスクを高めるだけでなく、口臭などの問題も引き起こします。強く磨くと樹脂が割れることがありますので、ソフトに洗ってください。

発音に注意

装着後しばらくはその感覚に慣れず、話しづらかったり、発音がおかしくなるケースがあります。リテーナーのタイプによって違いますが、約1週間前後で慣れてくるので、少し期間をおいて様子をみてください。

rc_mid_hthree_img_v42.png

リテーナーを外した後、そのまま置きっぱなしにして、落としたり、忘れてしまい無くしたりしないように心がけてください。外出中にバックにそのまま入れてしまって破損するケースもあります。いずれにせよ、壊れやすいものなので専用ケースに入れるなり大事に扱って下さい。

痛みがある場合は再調整を歯科医に依頼

リテーナーは基本的に痛みとは無縁です。もしも痛みを感じるならば、何かしら口腔内に問題が発生していることがあります。かかりつけの歯医者さんに相談することをおすすめします。

せっかくの矯正も、リテーナーを雑に扱ってしまえば、その効力は大幅にダウンします。
矯正とリテーナーはどちらも相いれないほど大事なことです。素晴らしい理想的な歯並びを得るために、矯正と同じ、いやそれ以上にリテーナーを大事にする習慣をつけたいものですね。


Copyright 2011 HAKUGEN EARTH CO,LTD, All Right Reserved.